大詫間支所オリジナル 水返し

有明海の海苔の特徴は、大きな河川から流れる栄養豊富な淡水にあります。

ただし、海苔は海水で養殖をするので、淡水(真水)が大雨などで大量に流れてくると海苔が育たなくなったりと問題が発生します。

大詫間支所は「早津江川(はやつえ)」「筑後川(ちくご)」の2本の大きな河川から淡水が流れ込んで来るので大詫間オリジナルの水返しを設置します。

孟宗竹(もうそうちく)を河口付近の淡水が流れ込みやすい場所を狙って1キロ以上設置します。オイルフェンスの様なイメージが近いです。

 

 

これは、漁期中(10月から翌年の4月)7ヶ月程設置します。

 

佐賀海苔 大詫間支所にて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です