早朝から海苔網の手入れに出港

有明海は満潮(まんちょう)と干潮(かんちょう)の差を利用して美味しい海苔養殖を行います。

今日は朝5時過ぎが干潮(潮が引いている状態)です。今が1番大事な時期の海苔網の手入れに出発

 

海苔網が水面に出ています。この状態を干出(かんしゅつ)と言います。

 

頭にヘッドライトを付けて、網の状態や網を吊る高さを調整したりと1網ずつ手入れしていきます。

 

この様に網の位置が均等になってないと、収穫される海苔にばらつきがあります。

 

早朝5時の冷たい風に干出しています。

今のこの時期にしっかりと干出するのは病気対策と旨味や甘味、黒さ、それと今季に収穫される自分の海苔が、どんな海苔にできるか一番大事な時期だからです。手入れひとつで変わります。

漁場者の目の色が変わってきました。気合入れて頑張ります。

 

 

佐賀海苔 大詫間支所より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です